“Love♡おこめ”

本日は「新嘗祭」ですね♬

新嘗祭(にいなめ-さい)は、
日本で一番ともいえる大切な行事。

お米をはじめとする穀物や
自然の恵みに「ありがとう」を伝えて
おいしくいただく日です。

秋から出まわる「新米」は、
「新嘗祭を迎えてから頂く」のが
古くからの習わしなんですよ~。

beautyplus_20161123215218_save

そんなわけで♪

夜ごはんには
大好きなお米をいただきました♡

お米のふるさと
山形県で生まれた
「つや姫」の新米です!!

beautyplus_20161123220438_save

祖父が山形の米農家なので
出始めた頃から食べていましたが、

最近は、東京のスーパーでも
人気のお米になったみたいで
ちょっと嬉しいです。

ピンクのパッケージと
お米のマークが可愛いんですよ(*^-^*)
______________________

そうそう、

日本人は、小麦よりも
お米をたくさん食べることで
元気になれるってご存知ですか?

なぜかというと、

「陰陽」のバランスが整う
パワーフードに当たるからです☆

beautyplus_20161123215938_save

陰と陽は、相反する力のことで
地球上のあらゆるものに宿っています。

たとえば、

陰=水・冷・柔・裏・夜・月・女性
陽=火・熱・剛・表・昼・日・男性

記号でイメージすると、

陰=▼↓-(マイナス)
水のように下へ向かう力
陽=△↑+(プラス)
火のように上へ向かう力

という特徴があります。
______________________

で、なんで日本人は
お米がいいかっていうと。

日本人は基本的に
「陰」の気が宿るので
冷え性になりやすいんです。

だから、

「陽」の気が宿る「お米」を食べると

体温が保たれて
免疫力が保たれるから、
健康でポジティブになれるんですね♩
______________________

一方、小麦は「陰」の気なので

体温を下げて
免疫力が下がるから、
不健康でネガティブになりやすい。

反対に。

肉をよく食べるタイプの
血気盛んで好戦的な人には、

小麦を食べてもらうと
穏やかさや調和の力が宿ります。

______________________

<まとめ>

*農耕系の日本人*

 陰↓▼-(マイナス)

 体温低め。

 肉は祝いの特別メニュー。

*パワーフード*

 お米

 陽↑△+(プラス)

 からだを温める。

 明るく健康的になる。

______________________

*狩猟系の人々*

 陽↑△+(プラス)

 体温高め。

 肉は常食です。がおー。

*ピースフード*

 小麦

 陰↓▼-(マイナス)

 からだを冷やす。

 穏やかで優しくなる。

______________________

外国人の方でも
日本で長く暮らしていると
だんだんと陰の気を帯びてきます。

イライラ、短気、嫉妬、
不安、鬱、冷え性、肩こり、
慢性疲労、生理痛、不妊、etc…

…のような

原因不明の
不調が続くときは、

お米と相性ぴったりの
「和食」をメインに
切り替えてみてください。
______________________

白いごはんに慣れてきたら
玄米とか、発芽米、雑穀米など、
「色つきのお米」もオススメです!!

栄養もいいし、見た目も鮮やかで楽しいですよ~♪

早い方だと2週間くらいで
プラスの力に転じるのを
感じられるはず↑↑

1ヶ月もすれば
肌つやも良くなって
快適に過ごせると思います。
______________________

少しずつ、できるところから。

あなたを惑わす
「不機嫌たち」を
「ごきげんよう」に変えちゃいましょ♬

“Love♡おこめ”

beautyplus_20161123214850_save
 
 
そまり百音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です